愛犬の健康

愛犬の成長に対応するドッグフード

実際ドッグフードを選ぶときに、原材料や添加物などの有無に目がいきがちです。
しかしそれらと同じぐらい重要なのが、成長に合わせてドッグフードを選ぶということです。
人間も生まれてすぐ大人と同じ食事を食べることはできません。
ミルクやおっぱいを飲み、半年ぐらいから離乳食を食べ始め、1歳半ごろから大人の食事と同じような完全食へと移行していきます。
犬の場合も成長は人間よりも早いですが、成長に合わせてドッグフードを変えなくてはいけません。

その理由としては成長によって必要とする栄養素が異なるということです。
特に生後間もないころに与えられる子犬用は、栄養素が豊富に含まれています。
そして成犬用、老犬用と年齢によって変えていきます。
老犬になると、動きが鈍くなることで消費エネルギーが少なくなります。
なので成犬用のままでは、カロリーを過剰に摂取してしまいます。
これによって メタボになってしまい糖尿病やがんなどの病気を引き起こしてしまいます

また成長に合わせて顎の発達が異なるので、ドックフードの形状や柔らかさが異なります。
小型犬は大きさが小さく柔らかく作られているものが多いです。
成犬用はドライフードhttp://xn--qckubrc3d4m.asia/16.htmlで栄養素が多く、大きめに作られています。
老犬用は、少し柔らかく噛みやすいように作られていて、低カロリーのものが多いのが特徴です。




このページの先頭へ