愛犬の健康

子犬用ドッグフードの選択の仕方

ドッグフードはどれも同じだと思っている人が多いのではないでしょうか。
最近ではドッグフードの種類も増えて、それぞれのニーズに合った商品が増えてきています。
そのため多くの中から愛犬に合ったドッグフードを選ぶのが難しいと思っている人もいるでしょう。

そこでまず選び方として重要なのが、成長にあったドッグフードを選ぶことです。
特に重要なのが子犬用のドッグフードの選び方です。

子犬の時期は生後4週間から2ヶ月間ぐらいの時期を指します。
この時期は離乳して間もない時期でもあり、食べられるものに限りがあります。
しかし、成長期でもあるので、必要な栄養素もしっかり摂取しなくてはいけません。

子犬の時期はたくさんの量を食べることができず、硬いものも消化不良を起こしてしまいます。
そのためウェットタイプで、少量でも必要な栄養素を摂取できるように豊富な栄養素が含まれているものを選ばなくてはいけません。
成長期を支えるためには多量のたんぱく質が必要で、成犬の2倍近くのエネルギーを消化するといわれています。
そして生後3カ月ぐらいをめどに、硬いドッグフードも食べられるように慣らしていかなければいけません。

子犬用は与える期間は短いですが、成犬が食べるには栄養素が過剰になってしまい、メタボなどの危険性が高まります。
決められた時期に適合したドッグフードを選ぶようにしましょう。

このページの先頭へ