愛犬の健康

猫にドッグフードを与えると失明

愛犬家の中には、猫も好きで同時に飼っている家庭も多いです。
多くの動物に囲まれて暮らす生活は、それぞれの空間を作るのがとても難しくなってしまいます。

特に食事を与える際には、ドッグフードとキャットフードを別々に用意しても、お互いのえさを食べてしまうでしょう。
ほほえましい光景だと感じるかもしれませんが、実はとても危険な行為です。
そもそも同じえさでよければ、ドッグフードもキャットフードも同じ商品で販売するほうが効率がいいです。
しかしあえて別々で作って販売されているということは、それぞれ必要とする栄養素が異なるからではないでしょうか。

例えば猫にドッグフードを与えてしまうのは失明の危険http://pedi.jp/jitumei.htmlがあるといわれています。
それはどのような理由からでしょうか。

猫には体内で形成できない、ある成分があります。
それは栄養ドリンクなどにも含まれているタウリンという成分です。

犬は自分の体内でタウリンを形成することができるため、ドッグフードにはタウリンが含まれていません。
そのためドッグフードを猫が食べ続けるとタウリンが欠乏してしまいます。

タウリンはアミノ酸の一種で、猫の網膜を形成しています。
網膜に障害が出てしまうことでだんだん視力が低下してしまい、最終的には失明してしまう可能性が高くなります。
キャットフードには豊富なタウリンが含まれているので、必ずキャットフードを与えましょう。

このページの先頭へ