愛犬の健康

ドッグフードの低アレルギー

愛犬は家族の一員で大事に育てられている人が多いです。
一日でも長生きしてほしい、なるべく病気や老後も元気に過ごしてもらいたいと思うでしょう。
そこで大事になるのがドッグフードの選び方です。

最近では人間でも子供から大人まで幅広い年代においてアレルギー症状で悩む人が増えています。
それは犬にとっても同じで、食物アレルギーや環境のアレルギーなどを発症してしまっています。
具体的な症状としては、皮膚が赤くなったり、下痢をしたり、かゆくなったりします。
これらは人間と同じような症状だといえます。

このような状態を改善する一つの方法http://www.arimahp.jp/Allergy.htmlとして、ドッグフードを変えることが大事です。
今ではドッグフードも体調によって多くの種類から選択することができます。
一番アレルギーが出やすい代表的なものといえば、小麦や穀物類です。
安価なドッグフードは、主に使用されている原材料が穀物類の場合が多いです。
まず原材料をチェックしたうえで、穀物類のものを避け、お肉を使用しているドッグフードに変えてみましょう。

またもう一つ気をつけるべき点は、添加物の有無です。
添加物で使用されている酸化防止剤や着色料はアレルギー反応が出る可能性が高いことが分かっています。
無添加のものを選び、体への負担が少ないものを選ぶようにしましょう。


このページの先頭へ